スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆チューブレスタイヤは怖くない☆

こんばんは、にゃんこ先生です


昨日に引き続き、チューブレスタイヤのお話です。

チューブレスタイヤいいよ~( ´∀`)なんて書きましたが、もちろんデメリットもあるわけで・・・


まずチューブレス対応のホイールが必要であること。

そして、肝心のチューブレスタイヤですが、選べるほどラインナップが無いということ。


クリンチャー用のホイールではチューブレスは装着できません;;

チューブレス対応のホイールが必要になります。

タイヤもクリンチャータイヤほど物を選べません。


それでもいいぜ!と私のような考えの方には、ぜひおすすめしますがw


あと、チューブレスが敬遠される理由として、脱着が大変そうとか、空気がうまく入らないなども聞きます。

自分は、ホイールとタイヤをお店で購入し、ついでに装着してもらったので
残念ながら、新品を自分で嵌めたことはありません。

そればかりか、パンクもしたことが無いので、未だにタイヤを外したことがありませんでした。


しかし、それではいざトラブル!というときに困ってしまいますね。

なので、ローテーションをして脱着の練習もしとこうと思ったわけですよ^^;


IMG_2797.jpg

フレームからホイールを抜いて、ローテーションを始めますよ~!


おっと、その前に・・・


チューブレスタイヤは専用レバーがあるとGood!(・∀・)b

もちろん購入してますよ!使ったことはありませんけど(笑)

あとは、ビードワックスがあるといいのですが、持ってませんので石鹸水で代用します。

IMG_2799.jpg

まずは空気を抜きます。

IMG_2800.jpg

抜けたら、タイヤを摘んでビードを落とし(リムの溝にタイヤの耳が引っ掛かってるので外す)ます。

IMG_2802.jpg

ぐるっと一周ビードが落とせたら、タイヤレバーの出番です。
ちなみに外す時は、通常のタイヤレバーでも問題なく外せますね~

IMG_2856.jpg

外す時は、こちらの平べったい方を使います。
クイっと突っ込んでグイっと反すだけです( ̄ー ̄)

外せたら、リムの中を綺麗にして今度は装着です。

IMG_2810.jpg

石鹸水の出番ですよっ!

リムの内側に軽く塗っていきます、あまりべたべたに塗らなくても大丈夫だと思います。

入れる時は、片側を入れたらリムの真ん中の溝に落とすように寄せます。

いや、実際寄せたかどうかは覚えていませんが・・・多分寄せたと思います。

もう片方のビードをリムに収めていくと、最後にどうしても指では入らなくなりました。

そこで再度タイヤレバーの出番です。

IMG_2855.jpg

はめる時は、こっちの尖った方を使います。

IMG_2824.jpg

ビード部にも石鹸水をペタペタ塗っておきます。

IMG_2825.jpg

尖った方をグイッと突っ込みます、リムにレバー先端の出っ張りを引っ掛けたら

IMG_2827.jpg

エイヤ!っとレバーを返します、これを数回繰り返せば綺麗にはまります~♪



そして最後の難関

キチンと空気が入るかどうかですが



・・・・・・・これが入らないんですね・゚・(つД`)・゚・


いくらポンプで入れてもプシュープシューと漏れる音

よくよく見てみると・・・

IMG_2811.jpg

ビードを収める前の画像ですが、赤丸のバルブ部分にビードが乗っかってましたorz

これでは空気が入るはずありませんよね

しかし、これが何度やってもバルブ周辺から漏れるだけでまったくビードが上がりません。



そこで、バルブナットを緩めて、一度押し込んでみました。
IMG_2830.jpg

再度ナットを締めこんで、空気を入れてみたところ、

パンっとチューブレス特有の音がして、見事にビードが上がりました!(゚∀゚)b

IMG_2828.jpg

MAXまで空気を入れて、一度抜いてから再度適正圧まで入れました。

念の為、石鹸水をぐるっと塗ってみましたが、エア漏れはありませんでしたよ~^^

同じくバルブ周辺にも石鹸水を塗ってみましたが、こちらからもエア漏れは無し!


作業的にはクリンチャーと変わらないし、案外簡単にタイヤもはまってくれたので一安心。

問題は出先でのパンク時には、携帯ポンプでビードを上げることができるかどうかですが、

チューブを1本携帯しているので、いざとなればチューブを入れてクリンチャーとして使うことができます。

タイヤの脱着ができれば、そうそう困ることもなさそうですね!


これで安心して使えるってもんです♪




↓モチベーションアップのためにポチっとお願いします!

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

☆チューブレスで快適性を手に入れろ!☆

こんばんは、にゃんこ先生です。


体調もボチボチ良くなり、今日から仕事復帰です(・∀・)ノ

休んだ分、しっかり稼がなきゃですね( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \


さてさて、今日はとてもマイノリティなチューブレスタイヤの話です。


自分は去年3月からチューブレスを使っています。


まずはお試しということで、IRC ROADLITE TUBELESS 700×23c をチョイスしました。



ではここで、チューブレスタイヤの利点を挙げてみましょう。

【パンクしても、空気の漏れが遅い】

チューブを使用していないため、パンク穴が一気に広がったり、バーストすることが無い。

【空気圧を低く設定できるので、振動吸収性が高い】

クリンチャー(以下CL)の場合、空気圧はおおよそ7~10bar、チューブレス(以下TL)は6~8bar
空気圧はある程度低い方が、サスペンション効果が大きい

【転がり抵抗が小さい】

広がろうとするチューブと、それを抑えようとするタイヤ、作用する力の違いから力のロスが発生している
TLの場合チューブが無いため、このようなロスが無く、力がダイレクトにタイヤへ伝わり軽い走りができる



おおよそこんなところでしょうか

仮に高圧なCLと低圧なTLで転がりが同じくらいだとしても、振動吸収に優れていた方が良いですよね。
乗り心地は、ホイールとタイヤ、その中でもタイヤが重要だと素人ながら思うのです。

実際に初めてTLを使ってみて思ったのが、「路面に吸い付いているようだけど転がりは軽い」でした。
自分の拙い経験上、CLは「硬くて鋭い、例えるなら氷上を滑っている」ような感覚です。
TLは「もっちりふわふわ、だけど軽い」という表現が合っている様な気がします。

まだロードポジションに慣れていなかったこともあり、振動で筋肉が悲鳴を上げていた頃ですが
そんな初心者でも「これはええわ~」と思える程、明らかに乗り心地が良く
ある程度長い距離を走っても、体が悲鳴を上げなくなりました。


もちろん、CLタイヤもピンからキリまであるので、良い物はTL以上かもしれません。
それと、チューブラーは残念ながら試乗で少し乗った程度なので、今回は除外しています。


チューブレスマンセー!

と、言う気はありませんが

自分のように、乗っても週一のサンデーライダーで、レースのように絶対性能も求めてなく
そこそこ長い距離を快適に走りたい!という方は、ぜひ視野に入れてみてはいかがです?



長くなりそうなので、今日はここまで!


↓モチベーションアップのためにポチっとお願いします!

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

☆ミニベロのタイヤをIRC ROADLITEに交換☆

こんばんは、にゃんこ先生です


先日、物欲が抑えきれずにミニベロのタイヤを購入:(;゙゚'ω゚'):
ママチャリチックな純正タイヤから、走りのタイヤになりました!


IRC ROADLITE 20×1 1/8 (451)
IMG_2544.jpg

純正のKENDA KWESTは設定空気圧が低くて、乗り心地がよく
多少のラフなら走れてしまう頑丈さがあって、普段使いには良かったのですが
頑丈なだけに重く、サイドのブラウン(というより肌色)がブルホーン仕様にマッチしてない気がして・・

やっぱり見た目って大事ですもんねー(;^ω^)


王道で言えば、パナレーサーのミニッツライトやミニッツタフあたりでしょうが
自分の場合、ロードで現在使っているのが同じIRCのROADLITE TUBELESS 700x23c

どうせなら同メーカーで揃えちゃえ~的なノリでIRC ROADLITEになりました

最初は黒にしようと思っていましたが、せっかくのミニベロなのでちょっと派手にしたい!
カラータイヤのラインナップは白と赤、サドルとバーテープが白なので同じ白は目立たないかも
ということで最終的にタイヤは赤をチョイスです(・∀・)


外した純正KENDA KWEST
IMG_2546.jpg
これはいざという時の為に保管ですね

お決まりの重量測定
IMG_2547.jpg
タイヤ単体で318g


こちらがROADLITE
IMG_2548.jpg
重量は220gでした

これが2本ですから、合計は結構変わりますね~

IMG_2545.jpg
せっかく外したので、ホイールのオイル汚れなどをクリーナーで綺麗にして
それからNEWタイヤを装着しました、ちなみにチューブは使いまわしです^^;


装着後
IMG_2551.jpg
GIOSブルーにバーテープ&サドルの白、タイヤの赤が良いコントラストですね~
予想以上に自分好みな色合いになりました♪

ミニベロはこのくらい派手でもいいよね(・∀・)v

50km程走ってみましたが、KENDA KWESTに比べて軽く、よく転がるようになったのが◎
脚を止めてからの回転が今までと、やはり違います
グリップはまだ較べられる程乗ってないのでイマイチ感触が掴めません・・
一皮向ければ結構食いつくんじゃないかなーと希望的観測
ロードノイズは減りました、明らかに静かです^^

なーんか自分のロードよりミニベロの方がホイールの回りが良い気がするんですけど・・・
気のせいだろうか・・・(;´Д`)

これでミニベロはひとまず完成かな~、あとは乗るだけですねっ!



モチベーションアップのため、ポチっとして頂けると嬉しいです
↓ロードバイクランキングに参加中です!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

↓初心者サイクリストランキングに参加中です!
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村


☆ミッシングリンクが嵌らないっ!?☆

こんばんは、にゃんこ先生です

プーリーを交換したついでに少し伸びたチェーンも思い切って交換してみました

IMG_2456.jpg
CN-HG900-11

そして整備性向上のため、コネクティングピンからミッシングリンクへ変更です

IMG_2459.jpg
KMC 11s用ミッシングリンク ゴールド

まずはチェーンを外すところからいきましょう

IMG_2460.jpg

チェーンカッターを使ってピンを抜きます

ピンが外れたらチェーンを抜いて、新しいチェーンを用意!

長さを合わせてこちらもチェーンを切ります

一応コマ数も数えてみました、CN-6800は107コマ、CN-HG-900は105コマで切ります

切り終わったら、スプロケットからプーリー、そしてチェーンリングへ通し

いよいよ大詰めチェーンを繋ぎます!

ミッシングリンクを入れ、最後に外方向へ引っ張りピンを嵌め込むんですが・・

これが何回やっても嵌らないっ!

手で引っ張ってみてもダメ

ならばとラジオペンチx2で引っ張ってみてもダメ

ペンチやプライヤーでチェーンを挟んで引っ張ったらチェーン自体がダメになりそうだし・・

もちろん専用工具なんて持ってないから、もしかして嵌めるの不可能?と思いました


KMC ミッシングリンク用リムーバーKMC ミッシングリンク用リムーバー
(2012/03/09)
KMC

商品詳細を見る

↑こんな専用工具を使えば簡単にできるらしいです

でも、このイメージに捕らわれすぎて、工具で嵌めないとダメ!みたいなところがあったんですね

ちょっと一服しながら、頭を冷やして考えてみました

すると思ったんです

「何もチェーンを引っ張って嵌める必要はなくないか?」

「要は外側に力をかけてやればいいことなんだし・・・」



閃いたんですね


というか、それくらいすぐにわかりそうなものですが・・・にゃんこ先生おバカちゃんですね(;・∀・)


正解は、まずミッシングリンクが付いている部分をチェーンステー上に持ってきます

そしてタイヤを床につけて手で押さえ、ペダルをちょんと蹴ります


なんということでしょう!


あれだけ引っ張っても嵌らなかったミッシングリンクがあっさりと嵌りました(笑)

IMG_2475_1.jpg


またまたこれでひとつ勉強になりました(゚∀゚)b

チェーンとミッシングリンクをダメにしなくて本当に良かったよ・・w


次回、試走編→to be continued


よかったらポチっとお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


続きを読む

☆DURA-ACE 9000/9070ガイド・テンションプーリー導入・・・しかし☆

おはようございます、にゃんこ先生です

今回、リアディレイラーのプーリーをULTEGRAからDURA-ACEへ交換しました

ULTEGRAはガイドがブッシュ、テンションがシールドベアリングと聞いていたんです
DURA-ACEはどちらもシールドベアリング、これは交換するしか無い!とさっそく注文

IMG_2458.jpg

RD-9000/9070 プーリーセット

あまり違いはわからないかもだけど、気分の問題だよな~と思いつつ
現在装着されている6800のプーリーを外して、改めてよく見てみると・・・

IMG_2467.jpg
テンションプーリーはSEALED BEARING T-PULLEYとあります

ふむふむ、やっぱりシールドベアリングなんだな~( ̄ー ̄)



こっちがガイドプーリー
IMG_2466.jpg

ん?


( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚)

んん?

(つд⊂)ゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚)

IMG_2466_1.jpg

ガ━━━━(;゚д゚)━━━━━ン !

なんでガイドプーリーもシールドベアリングになってんのおおぉっ!?

えぇっ?ULTEGRAはガイドプーリーがセラミックブッシュプーリーって聞いてたよ???

いつから仕様変更してたのさ!?


もー・・・

完全にやっちゃった状態ですよねー(;´Д`)

なんか悔しいけど、せっかくだから新しいプーリーに交換しましょうか

こっちがDURA-ACEのプーリー
IMG_2471.jpg

ちゃんとDURA-ACEの刻印が入ってますね
真ん中の金属プレートあたりの形状がULTEGRAとは少し違います

デュラグリスをもりもり盛って取り付けしました

しっかしどっちもシールドベアリングだったなんて、まだまだ勉強と情報収集が足りないなぁ(;´Д`)


まっ、何はともあれ初DURA-ACEですよ!

前向きにいきましょう!前向きにねっ!!



ドンマイ!と思う方はポチっとお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


FC2・ブログ村バナー
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
プロフィール

にゃんこ先生

Author:にゃんこ先生
猫が好きです
最近始めた自転車ネタや
日々の出来事などなどを
まったりゆるく綴っていきます

愛車
ANCHOR-RFX8
GIOS-MIGNON

コメント・リンク大歓迎です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
お気に入りリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数
にほんブログ村
Amazon
おすすめ商品
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。